バンター・エナジー、越にゴミ処理発電所

フィンランドのエネルギー企業バンター・エナジーが、ベトナム中部クアンナム省でゴミ処理発電所の建設を検討しているもようだ。実現すれば、投資額は2億~3億ユーロになるとみられる。情報筋の話として、サイゴンタイムズ電子版が伝えた。 同社はフィンランド南部バンターでゴ…

関連国・地域: フィンランドアジア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

フィンエアー、来春までに700人整理へ(10/21)

ノキア、検温とマスク有無の判定装置を開発(10/19)

ノキア、クラウド移行でグーグルと提携(10/16)

ノキア、ベトナムで同社初の5Gスマホ発売(10/14)

テリア、国際通信部門を投資会社に売却(10/07)

バルチラ、新CEOにボルボの幹部を指名(10/02)

デジタル化進むフィンランド ジェトロなど、企業の事例紹介(10/02)

通信機器ノキア、5G機器供給でBTと契約(09/30)

アルコール飲料アルティア、アルカスを買収(09/30)

エリクソンとテリア、自動運転バスをテスト(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン