• 印刷する

仏で賃金補償の利用者数が大幅に減少

フランスの労働・雇用・職業教育・労使対話省は26日、一時休業や短時間勤務に伴う賃金補償の受給者数が7月末時点で約240万人(フルタイム雇用換算で90万人)になったと発表した。前月の約450万人からほぼ半減。封鎖措置の解除以降、経済活動が順調に再開を続けていることや夏季休暇シーズンだったことが背景にあるとみられる。

業種別では、特に建設、商業、運輸、ホテル、レストランなどの業種で時短労働者数が大幅に減少した。

この傾向は経済活動の再開が進んでいることを示しており、通常の半分以下の水準まで活動を停止している企業の割合は7月末時点で9%と、前月の13%から減少。従業員の6割が職場に復帰しており、テレワークを続ける従業員も1割にまで減った。

向こう3カ月以内に通常操業への復帰を見込んでいる企業は全体の43%、年末までは通常操業に戻れないとみる企業は27%、いつ戻れるか分からないとする企業は30%だった。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

国際高速鉄道ユーロスター、経営破綻も(01/21)

仏の新型コロナ感染者、累計300万人に迫る(01/20)

パリの空港利用者数、2020年は69.4%減少(01/20)

魚介類載せたトラック、輸出遅延で抗議デモ(01/20)

スエズ、スペイン同業を完全子会社化(01/20)

ミシュランガイド、2021年フランス版発表(01/20)

GDPR違反の罰金総額、過去1年は4割増(01/20)

カナダ社、仏政府反対でカルフール買収断念(01/19)

スエズ、米仏投資会社が買収提案(01/19)

ポルトガル財務相、EU会談後に感染判明(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン