• 印刷する

仏で賃金補償の利用者数が大幅に減少

フランスの労働・雇用・職業教育・労使対話省は26日、一時休業や短時間勤務に伴う賃金補償の受給者数が7月末時点で約240万人(フルタイム雇用換算で90万人)になったと発表した。前月の約450万人からほぼ半減。封鎖措置の解除以降、経済活動が順調に再開を続けていることや夏季休暇シーズンだったことが背景にあるとみられる。

業種別では、特に建設、商業、運輸、ホテル、レストランなどの業種で時短労働者数が大幅に減少した。

この傾向は経済活動の再開が進んでいることを示しており、通常の半分以下の水準まで活動を停止している企業の割合は7月末時点で9%と、前月の13%から減少。従業員の6割が職場に復帰しており、テレワークを続ける従業員も1割にまで減った。

向こう3カ月以内に通常操業への復帰を見込んでいる企業は全体の43%、年末までは通常操業に戻れないとみる企業は27%、いつ戻れるか分からないとする企業は30%だった。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

仏、ブースター接種対象を全成人に拡大(11/29)

仏漁師、港を封鎖し英の漁業権拒否に抗議(11/29)

ルノー、空飛ぶ車「AIR4」公開(11/29)

仏消費者信頼感、11月はわずかに悪化(11/29)

通信オレンジのCEOが辞任=有罪判決受け(11/26)

英仏海峡で移民27人死亡 ボート沈没、過去最悪の事故に(11/26)

仏当局、VWのヨーロッパカー買収案を承認(11/26)

Xマスにワイン不足の危機 トラック運転手不足に業界が警告(11/25)

仏製造業景況感、11月は上昇(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン