ネスレ、マレーシアで植物性食品を生産

食品で世界最大手ネスレ(スイス)傘下のネスレ・マレーシアは、西部スランゴール州シャアラムの工場に植物性食品の生産設備を設置する計画だ。植物性食品の生産拡大はネスレ・グループの世界戦略の一環で、アジアでの生産拠点設立は初めて。 同社は5月、即席麺「マギー」の生産…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 食品・飲料建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ブラックストーン、3D印刷の固体電池開発(09/24)

アブディ・イブラヒム、スイス社の株式取得(09/23)

ラファージュホルシム、排出量を2割削減へ(09/22)

クレディ・スイス、QIAと民間信用事業(09/21)

ネスレ、中国に穀物センター建設(09/17)

ファーストセンサー、米仏子会社を売却へ(09/16)

仏競争当局、ノバルティスとロシュに罰金(09/11)

IMR、印で鉄鋼年産500万トン目指す(09/10)

ネスレ、リサイクル包装の割合が87%に(09/09)

家庭用の抗体検査キット、英で販売再開(09/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン