• 印刷する

8月は低下も分岐点超え ユーロ圏総合PMI速報値

金融情報サービス会社IHSマークイットは21日、8月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、速報値)が51.6ポイントとなったと発表した。過去2年で最高を記録した7月から3.3ポイント低下したものの、景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントは引き続き上回った。

ユーロ圏の製造業PMIは51.7ポイントと、前月から0.1ポイント低下。新規受注は7月に続き大きく伸び、生産高の拡大ペースは2018年4月以降で最も速い。仕入れ価格はほぼ横ばいで、出荷価格はやや低下した。

製造業PMIの国別データを見ると、ドイツは53ポイントと、前月から2ポイント上昇。過去23カ月で最高を記録した。一方、フランスは3.4ポイント下がって49ポイントとなり、再び分岐点を下回った。

ユーロ圏総合指数のうち、生産高はやや拡大。新規受注は輸出向けが不振だったものの、全体では前月に続き増加した。一方、雇用は6カ月連続で落ち込んだ。仕入れ価格は3カ月連続で上昇。出荷価格は6カ月連続で下がったものの、下落ペースは緩和している。

■サービス業も軒並み低下

ユーロ圏のサービス業PMIは50.1ポイントと、前月から4.6ポイント低下。国別ではドイツが50.8ポイントと4.8ポイント下がった。フランスは5.4ポイント下落し51.9ポイントとなった。

IHSマークイットのエコノミクス・ディレクター、アンドリュー・ハーカー氏は今回の結果について、ユーロ圏経済の回復は勢いを失い、新型コロナウイルス危機による需要の弱さが浮き彫りになったとコメント。感染再拡大の兆しを受けた新たな規制によりサービス業は特に打撃を受けたと説明した。ユーロ圏経済が回復に向かうか低迷を続けるかは、感染封じ込めにどの程度成功し、企業と顧客が成長を支える自信を持てるかどうかにかかっているとしている。

■英は過去7年弱で最高

8月の英国の総合PMI(速報値)は60.3ポイントと、前月から3.3ポイント上昇。過去82カ月で最高を記録した。感染封じ込め策の緩和を受けた事業再開により、新規受注の増加幅は14年7月以降で最も拡大。一方、雇用は縮小ペースが今年5月以降で最も加速した。

製造業PMIは2ポイント上がり55.3ポイントで、過去2年半で最も高い。生産高の伸びは14年4月以降で最も加速した。サービス業PMIは60.1ポイントと、7月から3.6ポイント上昇し、過去72カ月で最高となった。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

追われる立場になった米テスラ <連載コラム・自動車産業インサイト>第50回(11/27)

ハンガリー・ポーランド首脳、EU予算協議(11/27)

バイデン氏、英アイルランド国境問題に懸念(11/27)

欧州委、ドイツの石炭火発の閉鎖補償を承認(11/27)

欧州委、イスラエルの製薬テバに罰金(11/27)

欧州医薬品庁、露のワクチン開発元と協議か(11/27)

航空業界の排出、CO2以外も温暖化に影響(11/27)

ウーバー、中国社が車両供給で欧州開拓か(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン