• 印刷する

ユーロ圏インフレ率、7月は改定値も0.4%

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは19日、7月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(CPI、改定値)が前年同月比0.4%上昇したと発表した。速報値から変化がなく、伸びは6月から0.1ポイント加速。依然として、欧州中央銀行(ECB)が定める2%のインフレ目標を下回っている。

7月は食品・アルコール飲料・たばこが2%値上がりし、前月の3.2%から伸びが減速した。エネルギーを除く工業製品は1.6%、サービスは0.9%それぞれ拡大している。半面、エネルギーは8.4%低下した。

ユーロ圏19カ国のうちインフレ率が最も高かったのはスロバキアとオーストリア(共に1.8%)で、これにベルギー(1.7%)、オランダ(1.6%)が続いた。ユーロ圏最大の経済規模を誇るドイツはゼロ%だった。最も低いのはギリシャでマイナス2.1%となっている。

消費者物価指数はEU27カ国全体では0.9%上昇し、前月からこちらも0.1ポイント加速。前月比で見ると、ユーロ圏は0.4%、EUは0.2%それぞれ低下した。

ECBは7月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置くことを決めた。インフレ率については、同行の目標である2%に向けて持続的に上昇するため、必要に応じてあらゆる手段を講じる用意があることを改めて示した。インフレ率の見通しは先に、今年は0.3%にとどまり、来年が0.8%、2022年が1.3%となると予想している。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】9月21~25日(09/21)

ベラルーシ大統領、隣国との国境を閉鎖(09/21)

世界感染者数、3千万人超え フランスやオランダで過去最多(09/21)

欧州委員長「英との貿易交渉妥結まだ可能」(09/21)

欧州議会、62億ユーロの補正予算を緊急承認(09/21)

産業団体「5G網の遅れは競争力に影響」(09/21)

欧州委、移民拒否でシェンゲン圏ビザ制限も(09/21)

<連載コラム・欧州M&A最前線>8月 NIGEL’S INSIGHT(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン