• 印刷する

キアゲン、米社が買収断念 コロナ検査需要増で株主が不満

米研究用機器・試薬メーカーのサーモフィッシャーサイエンティフィック(Thermo Fisher Scientific)は13日、独バイオ技術キアゲン(Qiagen)の買収を断念すると発表した。キアゲン株主の多くが株式の買い付けに応じなかったため。同社が手掛ける新型コロナウイルスの検査キットの需要が急増していることから、同社の株主の間では取引額への不満が高まっていた。

サーモフィッシャーは3月、キアゲンを買収することで合意。キアゲン株を1株当たり39ユーロで買い付ける計画で、取引額はおよそ14億ドルの負債引き受けを含め、約115億ドルに上る予定だった。

取引成立には、株式の66.6%を買い付ける必要があったが、株主が取引に応じた株式は全体の47%にとどまった。サーモフィッシャーはこれを受け、買収契約を打ち切った。キアゲンは契約に基づき、諸経費として9,500万ドルを同社に支払う。

キアゲンの取締役会はこの取引を支持していたため、今後の処遇が不透明となっている。同社のハカン・ビョルクルント会長は「株主の決断を尊重し、当社の成長戦略を引き続き実行する」と話している。

キアゲンに8%を出資する米ヘッジファンドのデビッドソン・ケンプナー・キャピタル・マネジメントはかねて、買収額が低すぎるとして強く反対していた。なお、同社の筆頭株主は8.8%株を保有する米投資会社ブラックロック。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品金融

その他記事

すべての文頭を開く

ダイムラー、半導体不足で1.8万人時短に(04/22)

ドイツ取引所、コインベース株の上場停止へ(04/22)

ユニパー、オランダの脱石炭法巡り提訴へ(04/22)

BMWの中国合弁、現地産ミニを23年投入(04/22)

フードパンダ、フィリピンでシェア7割達成(04/22)

ベルリンで新規制に反対する大規模デモ(04/22)

首相候補にラシェット氏 与党、党内投票で賛成多数(04/21)

ボルボ、30年までに電動車の販売割合5割に(04/21)

政府、緊急ブレーキ案を承認=夜間外出禁止(04/21)

当局、インサイダーでドイツ銀幹部を告発(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン