• 印刷する

店内などでマスク着用義務化 イングランド、再流行受け対象拡大

イングランドで24日から、店内などの公共スペースで、口と鼻を覆うことが義務付けられた。政府は当初、買い物中の着用のみとする方針を示していたが、封じ込め策緩和に伴う新型コロナウイルス再流行の懸念から、銀行や郵便局などにも対象を拡大している。

マスクを着用している買い物客(EMB提供)

マスクを着用している買い物客(EMB提供)

英政府はこの前日、公共スペースでのマスク着用に関するガイドラインを発表。スーパーや屋内の商業施設に加え、駅構内やターミナル利用時、食事をテークアウトで購入する際にも口と鼻を覆うことが求められる。違反者には最高100ポンドの罰金が科され、警察が店舗から追い出すことも可能となる。

一方、レストランやパブ、ジム、映画館などは対象外。また、11歳未満の子供と身体障害者も免除される。

店舗従業員のマスク着用は義務化されていないが、政府は雇用主に対し、必要に応じて検討するよう呼び掛けている。なお、英スーパーのセインズベリーとコーヒーチェーン「コスタ」などは先に、従業員がマスクを着けずに入店した客を追い出したり着用を強制することはしないと表明。こうした行為は、関連当局の責務であるとしている。

■ベルギーもマスク着用義務化

ベルギーでも25日から、屋外の公共スペースでのマスク着用が義務化された。新型コロナウイルスの感染者が再び増加しているため。

この日からは、屋内だけでなく、屋外市場や人通りの多い目抜き通り、飲食店で着席しない場合にマスクを身に付けることが求められる。また、レストランやバーでは、局地的な感染拡大に備えて来店客の連絡先を控える必要がある。一連の措置の緩和は9月1日に発表される予定。


関連国・地域: 英国ベルギー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

富士フイルム、工場規模倍増 バイオ医薬品拠点で英最大規模に(12/03)

GSKのコロナ治療薬、変異株にも有効(12/03)

英国製ワクチン、血栓症の原因解明=論文(12/03)

英米間の鉄鋼関税交渉、北ア問題巡り膠着か(12/03)

ヒースロー、赤リスト国向けターミナル開設(12/03)

スコットランド独立支持派、55%に拡大(12/03)

英首相、昨冬の官邸パーティーに出席か(12/03)

英当局、米メタにジフィー売却を指示(12/02)

エルステッド、アマゾンに再生エネ追加供給(12/02)

モリソン、養鶏飼料の大豆を昆虫に切り替え(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン