• 印刷する

EUの再生エネ由来発電、化石燃料上回る

欧州連合(EU)で上半期(1~6月)、再生可能エネルギー由来の発電量が初めて化石燃料を上回った。英シンクタンクのエンバー(Ember)が22日公表した報告書で、このような結果が明らかになった。

報告書によると、風力や太陽光、水力、バイオエネルギーを含む再生可能エネルギー由来の発電量は、上半期にEU加盟27カ国全体の40%を占めた。一方、化石燃料の割合は34%だった。

再生可能エネルギー由来の発電量は、主に風力発電所や太陽光発電所の新設が追い風となり、前年同期比11%増加。風力・太陽光の発電量はEU全体の21%を占め、過去最高を記録した。うちデンマークでは64%を占め、アイルランドは49%、ドイツは42%と高い水準を示した。

半面、化石燃料の発電量は18%減少。再生可能エネルギー由来の発電増加や、新型コロナウイルス感染拡大による電力需要の低迷が影響した。報告書はこの結果、EUの二酸化炭素(CO2)排出量は約23%低下したとしている。

エンバーのアナリスト、デイブ・ジョーンズ氏は今回の結果について「欧州電力部門の移行において歴史的瞬間だ」とコメント。化石燃料発電が再生可能エネルギー由来のおよそ2倍だった9年前から迅速に進歩していると評価した。[環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ、制裁発動国からの輸入を制限(12/07)

ロシュ、コロナとインフルの鑑別検査を販売(12/07)

【欧州航空・鉄道論】航空会社も頭悩ます渡航書類 デジタル不慣れだと不利な場面も(12/07)

欧州各地でコロナ規制反対デモ=警察と衝突(12/07)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

トヨタ、西欧でゼロ排出化 全新車35年までに=欧州規制準拠(12/06)

【今週の主な予定】12月6~10日(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン