• 印刷する

FCA、米ウェイモと自動運転で独占契約

伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は22日、グーグルを傘下に持つ米アルファベットの自動運転車部門ウェイモ(Waymo)と独占契約を締結した。小型商用車の自動運転分野での協業を拡大する格好。

両社は貨物輸送向けの商用車を開発する計画で、まずはウェイモの自動運転システムをラム(Ram)ブランドのバン「プロマスター」に組み込む。物流や配達での自動運転技術で、主導的な立場を築きたい考えだ。

FCAはまた、同社が展開する乗用車にウェイモの自動運転システムを搭載し、米自動車技術者協会(SAE)の定める「レベル4」(高度自動運転)を実現させる方針。両社は既に、これに向けて協業を開始しているという。

関係筋によると、FCAはウェイモとの独占契約に伴い、自動運転技術を手掛ける米シリコンバレーのスタートアップ企業オーロラ・イノベーションとの18カ月にわたる提携関係を解消するとみられている。

FCAは2016年、ウェイモの試験走行向けに、クライスラーのハイブリッド・ミニバン「パシフィカ」100台を提供。18年には提携を拡大すると発表し、現在は両社が手掛けたミニバンが、米カリフォルニア州とアリゾナ州で自動運転タクシー(通称ロボタクシー)として走行している。


関連国・地域: イタリア米国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロネクスト、ミラノ証取売却で独占協議(09/21)

イタリア製造業受注、7月は3.7%増加(09/21)

エニとBP、エジプト沖でガス鉱床発見(09/18)

政府のコロナ対応、独とオランダで高評価(09/18)

イタリアの港で爆発と火災=けが人なし(09/17)

伊FCAと仏PSA、合併条件を一部修正(09/16)

ユーロネクスト、ミラノ証取に買収案を提示(09/15)

マセラティ、新型スーパースポーツカー発表(09/14)

ミラノファッション週間、ショー開催へ(09/14)

伊政府、ミラノ証取売却巡り介入も辞さず(09/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン