• 印刷する

ユーログループ新議長にアイルランド財務相

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は9日、議長を退任するポルトガルのセンテーノ前財務相の後任として、アイルランドのパスカル・ドナフー財務・公共支出・改革相を選出したと発表した。13日の就任を予定し、任期は2年半。他にはスペインとルクセンブルクの財務相も立候補していた。

ドナフー氏は2017年6月から財務・公共支出・改革相を務める。今回の選出を受け、欧州の最優先課題は復興基金の実現による企業と雇用の支援だとし、復興計画と予算案を巡り対立の深まる南北ユーロ圏の「懸け橋」となること目指すと述べた。ドナフー氏の議長就任後の初会合は、9月11日に予定されている。

投票の内訳は明らかにされていないが、ドイツとイタリア、フランス、スペインはスペインのカルビニョ経済相の支持を表明しており、当初は有力候補と目されていた。ルクセンブルクのグラメーニャ財務相は、1次投票で十分な支持を得られず辞退。同相は17年の議長選にも出馬し、センテーノ氏に敗れていた。

センテーノ氏は6月、財務相を辞任し、ユーログループ議長も7月13日の任期満了をもって退任すると発表していた。


関連国・地域: EUアイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

上院、国内市場法案に「遺憾」示す修正可決(10/22)

ギリシャ、EU・トルコ関税同盟停止を要求(10/22)

英EU交渉、なお足踏み状態 バルニエ交渉官「合意手が届く」(10/22)

【ウイークリー統計】第74回 高齢化進むEU社会(10/22)

EU、共通農業政策改革で基本合意(10/22)

欧州自動車業界、EUに寛容な対英交渉要求(10/22)

欧州の大気汚染コスト、年間1600億ユーロも(10/22)

英EU交渉、合意可能性6割か 専門家3人招きセミナー=弊社主催(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン