• 印刷する

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復

日本航空(JAL)は9日、新型コロナウイルス流行の対応として、8~9月の欧州路線運航便の運休・減便の内容を発表した。羽田―パリ、成田―フランクフルト路線では、7月より運航便が週3便に増えている。

8月1~31日は、羽田―モスクワ、成田―ウラジオストク路線で全便を運休。羽田―ロンドン路線は片道124便のうち26便を運航する。羽田発は月・水・金曜日の週3便、ロンドン発は水・金・日曜日の週3便となる。羽田―パリ路線の運航便は片道62便のうち26便。羽田発は火・木・土曜日、パリ発は水・金・日曜日の運航となる。

成田―フランクフルト路線は片道62便のうち26便を運航。成田発は火・木・金曜日、フランクフルト発は木・土・日曜日となる。羽田―ヘルシンキ路線では片道62便のうち24便が運航。羽田発は火・水・木曜日、ヘルシンキ発は水・木・金曜日の運航となる。

9月1~30日は、羽田―モスクワ、成田―ウラジオストク路線で引き続き全便を運休とする。羽田―ロンドン路線は片道120便のうち26便、羽田―パリ路線は片道60便のうち26便を運航。成田―フランクフルト路線は片道60便のうち25便、羽田―ヘルシンキ路線は片道60便のうち27便を飛ばす。

これにより、欧州全6路線の減便率は8月が76%、9月は75%となる。[日本企業の動向]


関連国・地域: EU
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第319回:ジョセフジョセフ さりげない「キッチン革命」(11/25)

KLM、短距離飛行の代替に鉄道利用促進(11/25)

「通商合意なき離脱」回避を 英自動車協会、英・EUに要請(11/25)

バイデン米次期大統領、EU首脳と電話会談(11/25)

IATA、ウイルス検査証明アプリを導入へ(11/25)

米NPO、セルビア金融部門の株式売却(11/25)

【中村航の西方見聞録】モスクワで巨大銀行がアマゾン化 意外な金融最先端都市?(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン