• 印刷する

ルフトハンザ、破綻免れる 株主総会で政府支援策が承認

独ルフトハンザ航空は25日、この日の臨時株主総会で、ドイツ政府と合意した最大90億ユーロの支援策が承認を得たと発表した。筆頭株主のハインツヘルマン・ティーレ氏が当初はこの案に難色を示していたため、一時は実現が危ぶまれたが、これにより破綻を免れる格好となる。

支援策は98%の支持を得て可決された。ドイツ政府は同社株20%を引き受けるとともに、取締役会で2席を取得する。同案に対するティーレ氏の支持取り付けに動いていたショルツ財務相は「ルフトハンザとその従業員、ドイツにとって素晴らしいニュース」と喜んだ。

だが、ルフトハンザを取り巻く状況はなお厳しい。同社はこれまでにも、人員削減をする代わりに、勤務時間や賃金を減らして対応してきたが、事業再編計画により、最大2万2,000人の従業員が影響を受けるとみられる。

欧州委員会もこの日、ドイツ政府によるルフトハンザへの資本注入を承認しているが、その条件として、支援の返済が終わるまでは配当の支払いや自社株買い戻し、買収などを禁止した。また、フランクフルトとミュンヘンの空港の発着枠を競合他社に譲り渡すことを義務付けている。

なおルフトハンザは先に、賃金引き上げの見送りや勤務時間の短縮、年金拠出額の上限設定などを含んだ5億ユーロ超のコスト削減策で、客室乗務員労組UFOと合意。26日にはドイツの統一サービス産業労組ヴェルディ(Verdi)と協議したもようだ。[労務][EU規制]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独、ガス供給巡りトラフィギュラに融資保証(12/06)

VW、新ソフト戦略を監査役会に提示へ(12/06)

独リリウム、英市場に参入=現地社と提携(12/06)

BMW、銅採掘技術の米ジェッティに出資(12/06)

BMW、航続距離3割増しの次世代セル開発(12/06)

VW傘下のカリアド、パラゴンの子会社買収(12/06)

独の移民流入、今年は120万人で記録更新も(12/06)

独経済省、中国への貿易依存脱却を提案(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

ウニクレディト、伊社員に一時金=物価対策(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン