• 印刷する

英、飲食店再開の指針公表 座席配置換えやアプリ注文促す

英イングランドで7月4日から飲食店や理容店、映画館などの営業再開が許可されるのに伴い、英政府は24日、こうした業種向けの新型コロナウイルス感染対策の新指針を公表した。座席の配置換えやアプリを通じた注文を促している。

7月4日から再開するのは、飲食店(テーブル席のみ)、理容・美容店、映画館、美術館、テーマパーク、宿泊施設、図書館などの公共施設など。いずれの業種も、職場の感染リスク評価を実施してウェブサイトで公表するとともに、清掃・消毒手順を確立するよう促されている。また、顧客や来訪者の連絡先を記録し、21日間保管することも要請されている。

パブやレストランなどには事前予約制を推奨し、顧客の到着時間をずらすほか、セルフサービスは最小限にとどめ、スマートフォンのアプリを通じて注文をとるよう促している。最低1メートルの社会的距離が確保できるようテーブルの配置換えを行うことや、大声を出さなくても会話ができるようBGMの音量を抑えることも要請している。

理容・美容店など至近距離でサービスを提供する業種には、従業員の顔面シールド着用や、顧客間をスクリーンなどで仕切ることを促している。

ジョンソン首相は23日、7月4日から封鎖措置を大幅に緩和すると発表。これらの業種の営業再開を認めるとともに、社会的距離を2メートルから1メートルに短縮する計画を示していた。ただし、屋内のスポーツジムやコート、ナイトクラブ、屋内遊戯施設、ネイル・エステサロン、プールやスパなどは閉鎖が続く。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン