WHO、抗炎症薬の増産推奨=英大発表受け

英オックスフォード大学の研究チームが先に、ステロイド系抗炎症薬「デキサメタゾン」が、新型コロナウイルス感染症の重症患者の死亡率を下げるとの研究結果を発表したことを受け、世界保健機関(WHO)は22日、同薬の増産を呼び掛けた。AFP通信が伝えた。 同大は3月、新型…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

当局、米FBのワッツアップ情報収集を禁止(05/12)

【ロシアはこう読め】協調減産で我慢続くロシア石油産業(05/12)

EU、米ファイザーと追加ワクチン調達契約(05/11)

金融機関の職場復帰、欧州と米で方針に違い(05/11)

【今週の主な予定】5月10~14日(05/10)

緑の党の首相候補、積極的な外交政策を提唱(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン