• 印刷する

英、単身者の別世帯との交流を許可

ジョンソン英首相は10日、6月13日からイングランドで単身世帯やひとり親世帯が特定の別世帯と交流することを許可すると発表した。互いの家を行き来し、2メートルの対人距離を取らずに接することが可能となる。併せて、15日から動物園などの再開も許可する方針を示したが、小学校の夏休み前の再開計画は撤回している。

一人暮らしの人や、ひとり親で子供が全員18歳未満の世帯は、別の一世帯と「サポート・バブル」を形成し、互いに同じ世帯のように交流することができるようになる。ただし、相手は特定の一世帯のみとし、バブルを形成する世帯の変更はできない。同居していないカップルは、両者が単身世帯またはひとり親世帯の場合、バブルを組める。バブル内に感染者が出れば、両世帯とも全員が自主隔離のルールを守る必要がある。また、健康上の理由で自主隔離を求められている人は、バブルを組むことはできない。

イングランドでは6月15日からサファリパークやドライブインシアターなど来訪者が車から出る必要のない屋外娯楽施設が営業を再開できるほか、動物園も屋外エリアに限り開園できる。宗教施設も個人的な礼拝向けの再開がこの週末から可能となる。いずれも、対人距離の確保が条件となる。

ジョンソン首相はかねて、6月から小学校を一部再開し、夏休み前に全学年の復帰を目指すとしていたが、この計画については、教室内での対人距離の確保が困難なことなどを理由に撤回した。9月の新学期には全生徒が学校に復帰できることを目指すとしている。

英政府はかねて、封鎖解除の五つの条件として◇1日当たりの死者の減少◇NHSの対処能力◇感染ペースの減速◇検査体制や防護用品の完備◇感染第2波の回避――を挙げている。これらの全てが満たされていることを条件に、封じ込め策を全3段階にわたり緩和する方針で、6月1日に第2段階に移行していた。同首相は今回、第3段階への移行は予定通り7月4日以降になるとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英経済の回復予想を後ろ倒し 政策金利は0.1%維持=中銀(08/07)

日英外相、貿易協定の早期妥結の重要性確認(08/07)

アストラゼネカ、中国社がワクチン生産(08/07)

ウーバー、配車ソフトのオートキャブを買収(08/07)

保守党議員、英原発から中国社排除狙う(08/07)

トラベロッジのホテル百件、アコーに移管へ(08/07)

建設業PMI、7月も分岐点超え(08/07)

新車登録台数、7月は11%増 今年に入り初のプラス回復(08/06)

ヴァージン航空、米破産法15条の適用申請(08/06)

ABB、伊中部にEV充電インフラ生産拠点(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン