ユーロ圏経済、11.5%減も コロナ第2波回避でも9.1%縮小

経済協力開発機構(OECD)は10日発表した世界経済見通しの中で、新型コロナウイルスの感染第2波が年内に訪れた場合、ユーロ圏の今年の域内総生産(GDP)が前年比11.5%落ち込むとの見通しを示した。第2波を回避できた場合でも、前年比9.1%縮小するとみている。3月の前回…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペイン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、PKNのロトス買収を条件付き承認(07/15)

ANA、欧州路線の夏季ダイヤを追加変更(07/15)

トヨタの欧州販売、上半期は26.5%減少(07/15)

クラリアントなど化学3社、カルテルで罰金(07/15)

ユーロ圏鉱工業生産、5月は12.4%増加(07/15)

欧州委、ルクソティカ買収承認で条件提示か(07/15)

カーナビ、環境負荷大きいルート選択も(07/15)

ブルガリア、国営石油会社設立で法改正(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン