• 印刷する

英政府、外出規制を一部緩和 6月以降の段階的計画も公表

英国のジョンソン首相は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために導入している外出規制を一部緩和すると発表した。条件付きで一部業種の通勤を認めるほか、娯楽目的で屋外に出ることを許可する。また、6月以降の段階的な規制緩和のスケジュールも明らかにした。

イングランドでは11日から建設業や製造業など在宅勤務ができない人を対象に、公共交通機関を利用しない形での通勤が認められる。さらに13日からは、周囲の人と2メートルの距離を保つことを条件に、娯楽目的で屋外に出ることが可能となり、1日1回だった運動が無制限になるほか、公園で芝生に座ることや車で外出することも認められる。

その後の段階として、人々が規制を順守し、新型コロナウイルスの封じ込め策が順調に進むことを前提に、早ければ6月1日から小学校などを再開する計画も明らかにした。さらに、7月からは飲食店などホスピタリティー産業や公共施設の一部を再開する可能性にも言及した。

同首相はこれに伴い、感染対策の国民向けスローガンを「ステイ・アット・ホーム(家にいよう)」から「ステイ・アラート(常に警戒)」へと変更。「誰もが常に警戒すれば、感染を制御できる」と強調し、国民には今後もできる限り自宅にとどまり、在宅勤務を行うよう呼び掛けた。他人との接触を制限し、外出時にはできるだけ他人と2メートルの距離を保つこと、頻繁に手を洗い、自分や同居人に症状が出れば自主隔離を行うことも引き続き要請している。

英政府はこうした規制措置の段階的緩和の目安として、イングランドの新型コロナウイルス感染リスクを5段階で示す警戒システムを立ち上げる。新警戒システムは、新設の「ジョイント・バイオセキュリティー・センター」が管理し、全国各地の感染状況のデータに基づき、リスクをレベル1の緑からレベル5の赤までの5段階で示す。地域ごとにレベルが異なる可能性もあり、イングランド全体の制限措置が各地のレベルごとに調整される。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英・EU、英領北アの通関巡る協議長期化も(04/19)

英・EU協定の批准を推奨 欧州議会の外交委、期限前に前進(04/19)

エルステッド、欧州陸上風力発電事業を取得(04/19)

金融440社、ブレグジットでEUに事業移転(04/19)

GFG傘下アルミ会社、仏3工場の破産保護(04/19)

国際送金ワイズ、ロンドンで直接上場へ(04/19)

オカド、自動運転オックスボティカに投資(04/19)

英の香港特別ビザ、家族が別々に申請可能に(04/19)

アストラゼネカ、マレーシアにイノベ拠点(04/19)

英運用会社、越鉄鋼社への出資比率引き上げ(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン