• 印刷する

英政府、入国者に自主隔離を義務付けへ

ジョンソン首相は10日、入国者に自主隔離を義務付ける方針を明らかにした。新型コロナウイルス対策の封鎖措置が緩和される中、感染の第2波を回避する狙い。ただ、封鎖措置や渡航制限により既に大打撃を受けている航空・旅行業界は悲鳴を上げている。

期間などの詳細は11日に議会で説明される予定だが、英紙タイムズなどによると、対象となるのはアイルランド以外からの入国者で、帰国する英国人や英在住者も含まれる見通し。入国者は、空港や港に到着した際に滞在先の住所を記入し、そこで14日間にわたり自主隔離をする必要がある。政府は順守状況を確認するため、抜き打ち検査を行う。違反者は最大1,000ポンドの罰金が科されるほか、出国を命じられる可能性もあるとされる。

他の多くの欧州諸国は既に厳しい入国規制を敷いているが、ここへきて航空便の再開に目を向け始めている。一方、英政府は新型コロナウイルスの感染拡大が始まった1月から2月にかけ、中国と韓国、イタリア北部、イランからの入国を制限したものの、その後は新たな規制は導入していなかった。

このタイミングでの自主隔離義務付けにより、国内航空・旅行業界の夏季シーズンでの業績挽回はほ絶望的となる。英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は先に、入国者が自主隔離を義務付けられた場合、定期便は再開しないと話していた。また、ロンドン・ガトウィック空港は今回の措置を受け、一時帰休中の賃金を補助する「コロナウイルス雇用維持制度」の航空業界向けの延長や、発着枠規制の緩和、税控除などの救済措置を政府に求めている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコのEPH、英領北アの発電所を刷新(07/13)

英、入国後の自主隔離を撤廃 観光・航空業界の回復後押し(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

イングランド、25日からジムやプール再開(07/13)

英政府の新道路計画、EV排出削減量を相殺(07/13)

HSBC、ベトナムで再生プラ工場に融資(07/13)

ユーロスター、オランダと英国間の時間短縮(07/13)

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン