• 印刷する

ユーロ圏経済、7.7%縮小も 新型コロナで史上最悪の落ち込み

欧州委員会は6日発表した春季経済見通しの中で、今年のユーロ圏の実質域内総生産(GDP)が前年比7.7%縮小し、史上最悪の落ち込みを記録するとの見通しを示した。前回2月時点の冬季予測では1.2%の伸びを予想していたが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により圏内のすべての国でリセッション(景気後退)が予想されることから、これを大幅に下方修正した。

GDP成長率は来年には6.3%のプラスに回復する見通し。一方、欧州連合(EU)加盟27カ国のGDPは、2020年に7.4%縮小し、21年には6.1%拡大すると見込む。

国別に見ると、ドイツのGDPは今年は6.5%減、来年は5.9%増となる見通し。フランスは、今年に8.2%縮小し、来年は7.4%回復するとみている。イタリアは今年に9.5%減と大きく落ち込み、来年は6.5%拡大すると予想。スペインはそれぞれ、9.4%のマイナス、7%のプラスを見込む。オランダは今年が6.8%減、来年は5%増となる見通し。

1月末にEUを離脱した英国は、今年に8.3%落ち込む見通し。来年は6%増に回復すると見込むが、これは12月末に移行期間が終了した後も、EU域内との貿易条件で現状が維持されるとの仮定に基づく。

欧州委は、「EUおよび加盟国レベルでの迅速かつ包括的な対策にもかかわらず、EU経済は今年、歴史的規模のリセッションに陥る」と予想。封鎖措置の段階的緩和により回復の途に就くものの、来年末までの完全な回復は見込めないとしている。また、今回の見通しを巡っては下振れリスクが極めて大きいと指摘。パンデミックの規模や期間が予想を上回る恐れもあるほか、EU共通の経済復興戦略の欠如、国際的なバリューチェーンや協力に対する考え方の恒久的な変化、企業倒産による長期的な雇用喪失などをリスク要因として挙げている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線の運航を拡大(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン