• 印刷する

4月は過去最低を更新 ユーロ圏総合PMI速報値

金融情報サービス会社IHSマークイットは23日、4月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、速報値)が13.5ポイントとなったと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受け、1998年7月の統計開始以降で最低に沈んだ3月からさらに16.2ポイント下落した。

ユーロ圏の製造業PMIは33.6ポイントと、前月から10.9ポイント低下し、過去11年超で最低を記録。新規受注と生産高の落ち込み幅は共に過去最大となった。仕入れ価格は大きく下がり、出荷価格の下落ペースは過去10年超で最も加速した。

製造業PMIの国別データを見ると、ドイツは34.4ポイントと、前月から11ポイント下落。依然として景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントを大きく下回っている。フランスは11.7ポイント低下して31.5ポイントだった。

ユーロ圏総合指数のうち、生産高と新規受注の落ち込み幅は過去最大となった。雇用の削減ペースも統計開始以降で最も加速。仕入れ価格と出荷価格は共に、下落幅が過去11年近くで最も大きい。

■サービス業も記録的な不振

ユーロ圏のサービス業PMIは11.7ポイントと、前月から14.7ポイント下落。統計開始以降の最低記録を更新した。国別ではドイツが15.9ポイントと15.8ポイント低下。フランスは17ポイント下がって10.4ポイントとなり、いずれも統計を始めてから最低を記録している。

IHSマークイットのクリス・ウィリアムソン首席ビジネス・エコノミストは今回の結果について、パンデミックを受けた封鎖措置や世界的な需要の低迷、人員・供給不足で、ユーロ圏経済はこれまでにないほどの打撃を受けたとコメント。これを受け、域内総生産(GDP)は四半期ベースで約7.5%縮小すると予想する。さらに、向こう数週間は感染封じ込め策による経済の停滞が続き、第2四半期(4~6月)GDPは近代で最大の落ち込みを記録する可能性も警告している。

■英も過去最低を更新

4月の英国の総合PMI(速報値)は12.9ポイントと、前月から大きく23.1ポイント下落し、1998年1月の統計開始以降で最低となった。ほとんどの企業は、パンデミックが事業活動に打撃を与えていると回答。新規受注と雇用は過去最大の落ち込み幅を記録した。仕入れ価格は過去5年超で初めて低下。出荷価格の下落ペースは1999年11月の統計開始以降で最も速い。

製造業PMIは14.9ポイント下がり32.9ポイント。生産高の下落ペースは1992年の統計開始以降で最も加速した。サービス業PMIは12.3ポイントと、3月から22.2ポイント下がっている。


関連国・地域: EU
関連業種: その他製造サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第333回:ロイヤルメール 世界最古の郵便事業体(06/16)

欧州委、伊不良債権保証制度の1年延長承認(06/16)

EUと米、報復関税5年停止 航空機補助金巡る紛争解決で合意(06/16)

ユーロ圏貿易収支、4月は黒字拡大(06/16)

ベトナムの対EU輸出、1~5月は20%増(06/16)

EU加盟国、保健分野の汚職が増加=NGO(06/16)

モデルナ、EUが仏でのワクチン生産承認(06/15)

【欧州航空・鉄道論】「再国有化」に踏み切る英鉄道業界 白書に「日本方式望ましい」の文言(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン