【東欧フラッシュ】新型コロナが映すイデオロギーの功罪

欧州における新型コロナウイルス感染拡大に対する防疫施策は、全体的に機を逸した感は否めない。もとより自粛要請は諸地域で出されていたものの、個人主義を身上とする国々における集団的危機管理の脆弱(ぜいじゃく)性を露呈した結果とも言える。(ワイズファイナンスソリューシ…

関連国・地域: EUルーマニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エネルギー危機がCOP26に突き付ける課題 <連載コラム・エネルギーTODAY>第55回(10/22)

ナワリヌイ氏、欧州議会の人権賞受賞(10/22)

欧州中銀、銀行業務の域内移管へ指導強化(10/22)

グリーン投資基準、原子力巡る判断先送りへ(10/22)

西バルカンの成長率、5.9%に回復へ=世銀(10/22)

イケアなど9社、海上輸送の脱炭素化に参画(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン