• 印刷する

欧州、自動車工場の停止で111万人に影響

欧州自動車工業会(ACEA)は3月31日、新型コロナウイルスの感染拡大による自動車工場の操業停止により、欧州では既に約111万人がレイオフ(一時解雇)または労働時間短縮といった影響を受けていると発表した。サプライチェーンを含めた自動車業界全体では、さらに大規模になるという。

自動車工場の従業員は欧州全体では約260万人で、このうち4割強に影響が出ている。国別ではドイツが最も多く約57万人。次がフランスの約9万人で、これにイタリアの6万9,000人、スウェーデンの6万7,000人、英国の6万5,000人、スペインの約6万人が続く。

これまでの各社の操業停止期間は稼働日換算で平均16日間で、生産台数は約123万台減少した。操業停止が長引けば、生産台数やサプライチェーン全体への打撃もさらに大きくなることは必至だ。ACEAは「実質的に突然の操業停止であり、自動車業界がかつて経験したことがないもの」と指摘している。

ドイツの高級車大手BMWはこの日、2万人の従業員をレイオフしたと明らかにした。ドイツでは既にダイムラーが国内の従業員17万人の大部分を時短勤務の対象としているほか、フォルクスワーゲン(VW)も8万人の勤務時間を短縮している。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスウェーデンスペイン
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドゥダ大統領、ウクライナ議会で演説(05/24)

ナゴルノカラバフ紛争、和平交渉で進展(05/24)

独と伊、露産ガス輸入でルーブル口座許可か(05/24)

欧州、サル痘防疫で隔離やワクチン奨励へ(05/24)

欧州委、著作権指令の国内法化を各国に要請(05/24)

【今週の主な予定】5月23~27日(05/23)

ギリシャ、ロシア産重油の再輸出拠点に(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン