ユーロ圏景況感、3月は過去最大の落ち込み

欧州委員会は30日、3月のユーロ圏景況感指数(ESI、1990~2019年の平均=100)が94.5になったと発表した。2月から大きく8.9ポイント低下し、1985年の統計開始以降で最大の下落幅を記録した。 ESIは企業と消費者を対象としたさまざまな調査を元に、欧州連合(EU)域内経…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州の観光、夏再開にらむ 各国が旅行客受け入れ態勢整え(05/22)

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月 NIGEL’S INSIGHT(05/22)

5月は上昇もなお分岐点割れ ユーロ圏総合PMI速報値(05/22)

世界の新型コロナ感染者数、500万人突破(05/22)

ノルドストリーム、ガス指令巡る訴えが棄却(05/22)

アステラス、欧州で腎性貧血薬の販売申請(05/22)

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月の動き(05/22)

【ウイークリー統計】第63回 食料生産で存在感示すポーランド(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン