• 印刷する

EU首脳会議、「コロナ債」巡り合意ならず

欧州連合(EU)は26日開いたテレビ首脳会議(サミット)で、新型コロナウイルス流行による経済的打撃からの回復に向けたEU共通債券の発行で合意に至らなかった。通称「コロナボンド」と呼ばれるこの債券は、イタリアやスペインなど加盟9カ国が提唱したが、ドイツやオランダなど一部加盟国が反対し、域内の南北の亀裂が浮き彫りとなった。

5時間半に及ぶ会議後に出された声明は、具体的な措置に言及せず、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)に2週間以内に提案するよう求めた。新型コロナウイルス危機の「社会経済的影響の重大さ」を認める一方、「団結の精神でこの難問に対処するよう、あらゆる必要な手を尽くす」と述べるにとどまっている。

メルケル独首相は会議後、EUの救済基金「欧州安定化メカニズム(ESM)」を活用する方が望ましいとの独政府の考えを示した。「コロナボンド」については「全加盟国の考えではない」としている。

ユーログループの24日のテレビ会議では、ESMの活用案で合意がまとまっていた。しかしその翌日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)が猛威を振るうイタリアやスペインに、フランス、ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スロベニア、ルクセンブルク、ベルギーを加えた計9カ国は、さらに踏み込んだ措置として「コロナボンド」の発行を要請。これに対し、オランダのルッテ首相は、「いかなる状況においても」EU共通債券の発行は受け入れられないと強く反対していた。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】原発稼働延長と将来に向けた再エネへの投資(12/02)

ユーロスターの英警備員、12月に4日間スト(12/02)

アリアンスペース、衛星5基の打ち上げ受注(12/02)

EU大統領、習主席と会談 ウクライナ侵攻やコロナ対応協議(12/02)

欧州委、包装規則案を公表=ごみ削減へ(12/02)

11月は上昇も分岐点割れ ユーロ圏製造業PMI=確定値(12/02)

欧州委、露凍結資産でウクライナ支援を提案(12/02)

欧州委、ハンガリーへの予算支給停止を継続(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン