欧州企業、GDPRを労組活動の妨害に利用

欧州連合(EU)の「一般データ保護規則」(GDPR)が、労働組合による個人情報へのアクセスを妨げる口実に利用されている――。欧州労働組合連合(ETUC)の調査でこうした実態が浮かび上がった。 それによると、労組が賃上げや待遇改善を求めて労働者を結集するためには…

関連国・地域: ドイツEUベルギースペインルクセンブルクキプロスポーランド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

欧州の観光、夏再開にらむ 各国が旅行客受け入れ態勢整え(05/22)

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月 NIGEL’S INSIGHT(05/22)

5月は上昇もなお分岐点割れ ユーロ圏総合PMI速報値(05/22)

世界の新型コロナ感染者数、500万人突破(05/22)

ノルドストリーム、ガス指令巡る訴えが棄却(05/22)

アステラス、欧州で腎性貧血薬の販売申請(05/22)

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月の動き(05/22)

【ウイークリー統計】第63回 食料生産で存在感示すポーランド(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン