• 印刷する

ユーロ圏インフレ率、1月は改定値も1.4%

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは21日、1月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(CPI、改定値)が前年同月比1.4%上昇したと発表した。速報値から変化はなく、伸びは2019年12月から0.1ポイント加速したものの、依然として欧州中央銀行(ECB)が定める2%のインフレ目標を下回っている。

1月は食品・アルコール飲料・たばこが2.1%値上がりし、前月の2%から伸びがわずかに加速した。エネルギーは1.9%、サービスは1.5%それぞれ拡大している。エネルギーを除く工業製品は0.3%上昇した。

ユーロ圏19カ国のうちインフレ率が最も高かったのはスロバキア(3.2%)で、これにリトアニア(3%)、ルクセンブルク(2.5%)が続いた。ユーロ圏最大の経済規模を誇るドイツは1.6%だった。最も低いのはイタリアで0.4%となっている。

消費者物価指数はEU28カ国全体では1.7%上昇し、前月からこちらも0.1ポイント加速。前月比で見ると、ユーロ圏は1%、EUは0.7%それぞれ落ち込んでいる。

欧州中央銀行(ECB)は1月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に、中銀預入金利をこちらもマイナス0.5%にそれぞれ据え置くことを決定。量的緩和策を続けているにもかかわらずインフレ目標を達成できていないことから、16年ぶりに金融政策戦略を見直すとしている。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

再生エネが化石燃料上回る EU総発電量、シェア4割近くに(01/26)

【中村航の西方見聞録】テレビ中継の「いま」を読み解く ロンドンから生配信に挑戦(01/26)

ベルリン農相会合、76カ国が食料確保で協議(01/26)

英小売業者、EU客の返品を域内に足止め(01/26)

EU外相会合、気候変動策促進で合意(01/26)

EU大統領、ワクチン供給遅延に法的措置も(01/26)

ANA、羽田―ロンドン・パリ路線など減便(01/26)

仏、EUからの入国者にも陰性証明義務付け(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン