• 印刷する

エアバス、欧州で2千人超を整理へ

欧州航空・防衛最大手エアバスは19日、防衛・宇宙部門で2021年末までに2,362人を整理する方針を明らかにした。ドイツや英国、スペイン、フランスなどの拠点が対象となる。宇宙関連市場の停滞と防衛分野の契約の先送りを受け、受注出荷比率が3年連続で1を下回ったため。

整理対象の内訳は、本拠を置くドイツが829人、英国357人、スペイン630人、フランス404人、他の欧州諸国が142人。既に事業所委員会と話し合いに入っている。

エアバスは人員整理と併せ、利益率改善プログラムのほか、長期的な競争力の強化と同部門の将来的な位置付けを保障するための措置を実施するとしている。

同社は昨年12月に初めて、事業再編の必要性に言及。先に発表された2019年12月期の決算では、純損失が13億6,200万ユーロとなり、前期の30億5,400万ユーロの黒字から赤字に転落したことから、立て直しの必要性を改めて強調していた。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

マクロン大統領、エリート養成校を廃止へ(04/12)

仏製造業生産、2月は4.6%減少(04/12)

FMロジスティック、インドで倉庫整備へ(04/12)

仏シトロエン、印で「C5エアクロス」発売(04/12)

仏貿易収支、2月は赤字拡大(04/09)

ケリング、伊北部に国際物流拠点を新設(04/09)

アルストム、フランス国鉄から水素列車受注(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

スエズ、オーストラリア事業売却で合意(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン