• 印刷する

エアバス、欧州で2千人超を整理へ

欧州航空・防衛最大手エアバスは19日、防衛・宇宙部門で2021年末までに2,362人を整理する方針を明らかにした。ドイツや英国、スペイン、フランスなどの拠点が対象となる。宇宙関連市場の停滞と防衛分野の契約の先送りを受け、受注出荷比率が3年連続で1を下回ったため。

整理対象の内訳は、本拠を置くドイツが829人、英国357人、スペイン630人、フランス404人、他の欧州諸国が142人。既に事業所委員会と話し合いに入っている。

エアバスは人員整理と併せ、利益率改善プログラムのほか、長期的な競争力の強化と同部門の将来的な位置付けを保障するための措置を実施するとしている。

同社は昨年12月に初めて、事業再編の必要性に言及。先に発表された2019年12月期の決算では、純損失が13億6,200万ユーロとなり、前期の30億5,400万ユーロの黒字から赤字に転落したことから、立て直しの必要性を改めて強調していた。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エールフランス、2年間で6500人整理か(07/03)

エニ、エジプト沖でガス鉱床発見(07/03)

ジャーマンウイングス機事故の遺族ら敗訴(07/03)

エアバスが1.5万人削減へ 新型コロナ打撃、過去最大規模(07/02)

仏新車登録台数、6月は今年初の増加(07/02)

ボルト、パリで電動自転車レンタルを開始(07/02)

独、EU理事会議長国に就任 新型コロナ危機からの復興に注力(07/01)

仏大統領、グリーン経済転換に150億ユーロ(07/01)

フェッセンアイム原発、全原子炉が運転終了(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン