失業率、第4四半期は過去11年で最低

仏国立統計経済研究所(INSEE)は13日、2019年第4四半期(10~12月)のフランス本土の失業率(季節調整済み)が7.9%となったと発表した。前期から0.3ポイント低下し、2008年第4四半期以降で最低を記録した。労働市場改革を断行するマクロン大統領にとっては追い風となりそ…

関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、伊同業トップが次期CEO候補に(02/24)

パリ空港公団、印同業の株式49%を取得(02/24)

仏で南京虫が復活、政府が予防対策を開始(02/24)

エアバス、欧州で2千人超を整理へ(02/21)

ルノー、不正な資金使用巡り検察が本格捜査(02/21)

フェッセンアイム原発、22日に廃炉作業開始(02/21)

エールフランスKLM、通期は30.6%減益(02/21)

日本製鉄、仏鋼管バローレックに追加出資(02/21)

トタルとPTTEP、オマーンでガス開発へ(02/21)

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン