失業率、第4四半期は過去11年で最低

仏国立統計経済研究所(INSEE)は13日、2019年第4四半期(10~12月)のフランス本土の失業率(季節調整済み)が7.9%となったと発表した。前期から0.3ポイント低下し、2008年第4四半期以降で最低を記録した。労働市場改革を断行するマクロン大統領にとっては追い風となりそ…

関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、外出制限の段階的解除を検討(04/03)

トタル、レバノンで封鎖措置も試掘を継続(04/03)

欧州主要国GDP、20ポイント前後低下も(04/03)

仏新車登録台数、3月は72.2%減少(04/02)

閉鎖中の仏マルシェ、4分の1が再開へ(04/02)

カルフール、ウーバーイーツと食事配達へ(04/02)

労組、トラック運転手の新型コロナ対策訴え(04/02)

欧州、自動車工場の停止で111万人に影響(04/02)

3月は過去8年弱で最低 ユーロ圏製造業PMI確定値(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン