エアバス、通期は赤字転落

欧州航空・防衛最大手エアバスは13日、2019年12月期の純損失が13億6,200万ユーロとなり、前期の30億5,400万ユーロの黒字から赤字に転落したと発表した。民間機部門の詐欺・贈賄・汚職疑惑を巡る和解金や新型軍用輸送機「A400M」の納入遅延などに絡み、巨額の特別損失を計上したこ…

関連国・地域: 英国フランスカナダ
関連業種: その他製造金融運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、伊同業トップが次期CEO候補に(02/24)

パリ空港公団、印同業の株式49%を取得(02/24)

仏で南京虫が復活、政府が予防対策を開始(02/24)

エアバス、欧州で2千人超を整理へ(02/21)

ルノー、不正な資金使用巡り検察が本格捜査(02/21)

フェッセンアイム原発、22日に廃炉作業開始(02/21)

エールフランスKLM、通期は30.6%減益(02/21)

日本製鉄、仏鋼管バローレックに追加出資(02/21)

トタルとPTTEP、オマーンでガス開発へ(02/21)

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン