離脱後も漂う英経済の不透明感 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第18回

2020年1月31日午前0時(中央欧州時間)、英国は欧州連合(EU)から離脱する。2016年6月の国民投票から3年半が経ち、ブレグジットは大きな節目を迎える。これからは英国とEUは、新しい関係性を定める新協定締結に向けた交渉を開始する。通常は数年を要すると言われる包括的…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ通信局、5G周波数帯の入札開始(08/11)

不法移民の阻止に海軍投入へ 英仏海峡経由の流入急増受け(08/11)

【エミッションの世界】バイオ燃料の排出の実態と課題(08/11)

EU、入国許可リストからモロッコを除外(08/11)

独仏、WHO改革協議から撤退=米と対立で(08/11)

欧州委、未婚パートナーの入国許可を要請(08/11)

エネルX、ソジェン子会社とEVレンタル(08/11)

ベトナム、EUとのFTAで知財権が課題か(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン