• 印刷する

新型肺炎、仏で3人の感染確認=欧州初

フランス保健省は25日、中国・湖北省武漢市を中心に集団発生している新型コロナウイルスに関し、国内で3人の感染者を確認したと発表した。欧州で感染が確認されたのは初めて。同国ではさらに15人が検査を受けており、感染者が増える可能性もある。

感染者はパリで2人、南西部ボルドーで1人。いずれも中国への渡航歴があった。ザ・ローカルによると、感染者は全員隔離されており、病状は安定している。

一方、政府は武漢の在留仏人の帰国措置も進めている。対象は数百人に上るとみられ、帰国後は万一に備えて14日間ほど隔離する。ビュザン保健相は、中国政府が求める熱感知は「実際の症状は後から出るため意味がない。世界保健機関(WHO)も推奨していない」として拒否。隔離を徹底し、数時間以内に診断結果が出る独自の検査を拡大するとした。

コロナウイルスを巡っては、27日までに中国国内で約3,000人が感染し、死者は少なくとも81人に上っている。


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏で医療従事者のワクチン接種が義務化(09/16)

仏インフレ率、8月は改定値も1.9%(09/16)

欧州市民、EU大統領候補にメルケル氏支持(09/16)

フォルシアとエンジー、炭素中立化へ協力(09/16)

仏政府、2030年までに鉄道貨物輸送倍増へ(09/15)

ニコン、仏社と開発の天体望遠鏡を発表(09/15)

パリのイダルゴ市長、大統領選への出馬表明(09/14)

英、バルネバとのワクチン供給契約を解除(09/14)

M&S、仏事業を見直し=食品配送遅延で(09/14)

ロールス・ロイスなど、エアタンカー株売却(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン