• 印刷する

伊北東部の州知事選、民主党の現職が勝利

イタリア北東部エミリア・ロマーニャ州で26日、州知事選挙の投開票があり、中道左派・民主党に所属する現職ステファノ・ボナッチーニ知事が得票率51.4%で当選した。右派政党「同盟」のサルビーニ党首は、この選挙で勝利し民主党と反既存勢力政党「五つ星運動」の連立政権に揺さぶりを掛ける狙いだったが、思惑が外れた。

今回の民主党の勝利は、サルビーニ党首に抗議するデモ「イワシ運動」の影響が大きいとみられている。この運動は昨年11月、エミリア・ロマーニャ州の州都ボローニャで始まり、若者を中心にイタリア全土に拡大。これまでに数万人が参加している。民主党のジンガレッティ書記長(党首)は開票後にツイッターで、デモ参加者に対し「ありがとう」と投稿している。

同盟のルチア・ボルゴンゾーニ候補は得票率43.6%。サルビーニ党首は今回の選挙を連立政権に対する国民投票と位置付け、同盟が勝利した場合は総選挙を実施すべきと訴えていた。

エミリア・ロマーニャ州は伝統的に左派政党の地盤。今回は郊外と農村部で右派が支持を伸ばしたものの、都市部では引き続き左派が優勢だった。同盟は今回の敗北により、この後に控える左派政党の牙城である中部トスカーナ州や南部プーリア州の選挙での勝利が難しくなった格好。

民主党と連立を組む五つ星運動の候補者の得票率はわずか3.5%にとどまった。この結果を受けて、連立政権内で民主党が今後の政策を巡り発言権拡大を求める可能性が高い。

当選したボナッチーニ氏(エミリア・ロマーニャ州提供)

当選したボナッチーニ氏(エミリア・ロマーニャ州提供)


関連国・地域: イタリア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

伊連立政権、道路運営権巡り合意形成目指す(07/10)

伊政府、AGCのバイオ技術社買収に介入も(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

イタリア新車登録台数、6月は23.1%減少(07/03)

イタリア失業率、5月は7.8%に悪化(07/03)

エニ、エジプト沖でガス鉱床発見(07/03)

ナポリで10億ユーロ相当の覚醒剤押収(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン