独仏政府、途上国の気候変動対策支援に参画

ドイツとフランスの両政府は22日、発展途上国の気候変動対策を支援する「気候変動ファイナンスパートナーシップ(CFP)」への参画を発表した。両国で合わせて6,000万ドルを出資し、最低5億ドルの調達を目指すCFPの取り組みに協力する。 CFPは、米投資会社ブラックロック…

関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第315回:シグ 老舗が手掛けるエコボトル(09/30)

世界の新型コロナ感染死者数、100万人突破(09/30)

日本車の対欧輸出、トヨタとスズキがプラス(09/30)

トルコ、EUサミットで関係修復狙う(09/29)

【中村航の西方見聞録】英国でも広がる?反ワクチン反マスク運動(09/29)

スイス、EUとの人の移動自由を維持(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン