米仏大統領、デジタル課税巡る争いで休戦

マクロン大統領とトランプ米大統領が、フランスのデジタルサービス税(DST)導入とその報復関税を巡る争いを一時中断したもようだ。協議する姿勢を示しており、互いの措置を2020年末までは発動しないことで合意している。米仏の外交筋の話として、ダウ・ジョーンズなどが21日伝…

関連国・地域: フランス米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

EU、2030年までに廃棄物量を半減へ(02/20)

造船ネイバル、豪地場企業の能力不足を懸念(02/20)

コメルツ銀、エムバンク売却を棚上げも(02/20)

アルストム、ボンバルディア事業買収で合意(02/19)

仏下院、年金改革法案の審議開始(02/19)

ルメール経済相、ルノーの工場閉鎖など懸念(02/19)

小売データ分析クォピウス、星同業が買収(02/19)

仏最西部のトマト農場で有害ウイルス確認(02/19)

ボンバルディア鉄道事業取得へ 仏アルストムが協議認める(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン