ポーランド、鳥インフルで4万羽殺処分も

ポーランド東部ルバルトフスキ(Lubartowski)郡の養鶏場で2019年12月31日、高病原性のH5N8型鳥インフルエンザウイルスが確認された。同国では2017年以降で初めて。最大4万羽の七面鳥などが殺処分される可能性がある。ロイター通信などが伝えた。 同国の養鶏団体は、当該の養…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド小売売上高、8月は0.5%増加(09/22)

イリアド、ポーランドの携帯プレイにTOB(09/22)

ベラルーシ大統領、隣国との国境を閉鎖(09/21)

ポーランド、早期総選挙か少数政権も(09/21)

PKPカーゴ、リトアニア同業と合弁設立(09/21)

ポーランド鉱工業生産、8月は1.5%増加(09/21)

政府のコロナ対応、独とオランダで高評価(09/18)

ポーランド、最低賃金を7.7%引き上げへ(09/17)

競争当局、枕木のカルテルで6社に罰金(09/16)

ポーランドのインフレ率、8月は2.9%(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン