ポーランド、鳥インフルで4万羽殺処分も

ポーランド東部ルバルトフスキ(Lubartowski)郡の養鶏場で2019年12月31日、高病原性のH5N8型鳥インフルエンザウイルスが確認された。同国では2017年以降で初めて。最大4万羽の七面鳥などが殺処分される可能性がある。ロイター通信などが伝えた。 同国の養鶏団体は、当該の養…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランドの貿易収支、2019年は黒字復帰(02/13)

ポーランド新車登録台数、1月は14.1%減少(02/12)

キャップジェミニ、ポーランドで200人雇用(02/11)

ポーランド、国営電力4社の統合に意欲(02/11)

韓国・LS、ポーランドEV部品工場に投資(02/11)

トヨタ、ポーランドで新型エンジン生産へ(02/10)

ポーランド、5月10日に大統領選を実施(02/07)

ポーランド大統領、新司法改革法案に署名(02/06)

ポーランドのエンジン生産量、昨年は18%増(02/04)

EU、ポーランドの廃棄物発電に補助金(02/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン