仏大統領「年金改革を断行」 労組との歩み寄りには前向き

フランスのマクロン大統領は昨年12月31日、年金改革を断行する考えを改めて表明した。同改革に反対するストライキが5週目に突入する中、強気の姿勢は崩していないが、仏政府に対しては労働組合との間で妥協点を迅速に見いだすよう求めている。フィナンシャル・タイムズなどが伝え…

関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、ゼロ排出機の設計案を公表(09/22)

イリアド、ポーランドの携帯プレイにTOB(09/22)

フランス与党ナンバー2、幹部職を辞任(09/22)

遠景集団、フランスでバッテリー工場建設か(09/21)

スエズ、独シュワルツに一部資産を売却も(09/18)

米クラフト、ラクタリスにチーズ事業を売却(09/18)

ICU入院のコロナ患者、20日連続増加(09/18)

政府のコロナ対応、独とオランダで高評価(09/18)

仏政府、自転車修理補助制度を年末まで延長(09/17)

ブリヂストン、仏工場閉鎖に向けた協議開始(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン