ドルジバ汚染除去、来年末までかかる見通し

ロシアからパイプライン「ドルジバ(Druzhba)」経由で欧州に供給される原油が汚染されていた問題を巡り、ポーランドの石油パイプライン運営会社PERNは、汚染除去作業が来年にもつれ込むとの見通しを明らかにした。この問題を巡っては、ポーランドの石油大手PKNオーレンが被…

関連国・地域: ポーランドロシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ、ポーランドで500人超を新規雇用へ(01/23)

PKNオーレン、サウジから軽油供給拡大(01/23)

ポーランド、最低賃金を15.6%引き上げ(01/22)

ポーランド航空、独コンドル航空買収に意欲(01/22)

ポーランド上院、司法改革法案を否決(01/21)

ポーランド、鳥インフルで家きん輸出に打撃(01/21)

ポーランド、鉄道市場の開放法案を承認(01/16)

欧州委、ポーランド判事懲戒機関の停止要求(01/16)

ポーランド、独VWに排ガス不正巡り罰金(01/16)

ポーランドの貿易収支、1~11月は黒字復帰(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン