ドルジバ汚染除去、来年末までかかる見通し

ロシアからパイプライン「ドルジバ(Druzhba)」経由で欧州に供給される原油が汚染されていた問題を巡り、ポーランドの石油パイプライン運営会社PERNは、汚染除去作業が来年にもつれ込むとの見通しを明らかにした。この問題を巡っては、ポーランドの石油大手PKNオーレンが被…

関連国・地域: ポーランドロシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

プライマーク、ポーランドに1号店(08/06)

ポーランド、2023年から国産EVを量産へ(08/05)

PGNiG、南東部で新たなガス鉱床を発見(07/31)

VW、ポーランド西部の工場を拡張(07/28)

重機ファムル、プライムテック残り株取得へ(07/24)

VW、ポーランドに小型EV生産を完全移管(07/23)

タウロン、ポーランドに初の太陽光発電所(07/23)

ポーランド、外資系メディアの制限を模索(07/22)

ポーランド小売売上高、6月は1.3%減少(07/22)

矢崎総業、ポーランドで500人レイオフへ(07/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン