裁判所、殺人犯の「忘れられる権利」認める

ドイツ連邦憲法裁判所は27日、1982年に殺人罪で有罪となった男性のオンライン上での「忘れられる権利」を認める判決を下した。この男性は、独週刊誌シュピーゲルの電子版サイトに自分の実名を含む事件記事が保存されていることを不服とし、提訴していた。 男性は1982年にカリブ海…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、来年の成長率見通し引き下げ(12/13)

インフレ率、11月は改定値も1.1%(12/13)

小売りメトロ、通期は13.7%増益(12/13)

旅行TUI、「737MAX」運航停止で25%減益(12/13)

ドイツ鉄道とノキア、自動運転列車を試験へ(12/13)

ヴィテスコ、PHVパワートレインを新開発(12/13)

ルフトハンザ航空、持ち株会社化を計画(12/13)

後払いクラーナ、ベルリンに技術拠点開設へ(12/13)

ダイムラー合弁、北京のNEV工場が完成(12/13)

独政府、破綻のトーマス・クック顧客に返金(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン