• 印刷する

ティッセン、通期は赤字拡大 事業再編コスト響き無配当

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは21日、2019年9月通期の純損失が3億400万ユーロとなり、前期の6,200万ユーロから赤字が5倍近くに拡大したと発表した。鉄鋼関連など市況に左右される分野の業績が低迷したことや、事業再編コストが響いた。これを受け、過去6年で初めて通期配当を出さないことを決めた。

売上高は1%増の419億9,600万ユーロ。うちエレベーター・テクノロジー部門は5%増加した。部品テクノロジー部門は4%、インダストリアル・ソリューションズ部門は10%それぞれ増えた。インダストリアル・ソリューションズ部門は昨年10月の再編で造船子会社のティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKMS)を切り離しており、TKMSは30%拡大している。一方、主力のマテリアル・サービス部門は6%縮小。欧州の鉄鋼事業は4%落ち込んだ。

グループの受注高は419億9,400万ユーロと1%増加。本業のもうけを示すEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)は8億200万ユーロと44%減り、これをベースとする利益率は1.9%と1年前から1.6ポイント低下している。

今期については、EBITが前期並みになると予想。また、独占禁止法違反の罰金や数億ユーロ規模の組織再編費用により、純損失がさらに拡大するとみている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独ティッセン、伊ステンレス鋼事業を売却(09/17)

仏大統領、独首相とパリで最後の会談(09/17)

自動車セアト、生産縮小を来年まで延長へ(09/17)

ヴィテスコ、1年越しで上場 コンチネンタルから分離(09/17)

機械企業8割、サプライチェーン問題に直面(09/17)

ヒューゴ・ボスCEO、ブランド買収に意欲(09/17)

英韓2社、65都市に空飛ぶタクシーのハブ(09/17)

独レオニ、セルビアで工場開設=4カ所目(09/16)

イベコと二コラ、独に合弁工場 年内に電動トラックの製造開始(09/16)

自由民主党、SPDとの連立に厳しい条件も(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン