EUと中国、相互の原産地保護対象を拡大

欧州委員会は6日、欧州連合(EU)と中国が、地理的表示(GI)に基づく農産品・食品ブランド各100件を相互に保護することで合意したと発表した。高級品の取引を後押しする狙い。両者は2012年、各10件を保護することで合意していたが、これを大きく進展させる格好となる。 今回…

関連国・地域: EUアジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ルーマニア財政赤字、対GDP比3.6%目標(12/12)

愛ライアン、「737MAX」受領は来夏以降に(12/12)

フィンランド、EU市民の1%にAI教育(12/12)

【ウイークリー統計】第52回 ワインの貿易高とジンの生産量(12/12)

米CBOE、清算機関ユーロCCPを買収へ(12/11)

欧州委、航空会社のブラックリストを更新(12/11)

CO2排出量、欧州最多10社に初の海運会社(12/11)

英総選挙、若者の動向が予測不能な要因に(12/11)

【欧州月報】先月の動向・11月 ドイツが辛くもリセッション回避(12/10)

伊政府、A・ミタル撤退ならイルバに支援も(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン