仏南西部のモスクで銃撃、2人負傷

フランス南西部バイヨンヌのモスクで28日午後3時20分ごろ(現地時間)、男(84)が銃を発砲し、70代の男性2人が重傷を負った。男は事件後、自宅近くで当局に逮捕された。男は2015年に極右政党の旧「国民戦線」(現国民連合)から地方選に立候補したことがある。AFP通信などが…

関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アルストム、ボンバルディア事業買収で合意(02/19)

仏下院、年金改革法案の審議開始(02/19)

ルメール経済相、ルノーの工場閉鎖など懸念(02/19)

小売データ分析クォピウス、星同業が買収(02/19)

仏最西部のトマト農場で有害ウイルス確認(02/19)

ボンバルディア鉄道事業取得へ 仏アルストムが協議認める(02/18)

マクロン大統領、パリ市長候補に保健相(02/18)

トタル、電力会社への燃料油販売の中止検討(02/18)

EDF、英ポッド・ポイントの過半数株取得(02/18)

新型肺炎、パリで中国人男性が死亡=欧州初(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン