仏南西部のモスクで銃撃、2人負傷

フランス南西部バイヨンヌのモスクで28日午後3時20分ごろ(現地時間)、男(84)が銃を発砲し、70代の男性2人が重傷を負った。男は事件後、自宅近くで当局に逮捕された。男は2015年に極右政党の旧「国民戦線」(現国民連合)から地方選に立候補したことがある。AFP通信などが…

関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、事務局長を任命(12/05)

商船三井、トタルと長期用船契約=2隻目(12/05)

英首相「デジタル税導入する」=米と衝突も(12/05)

仏国鉄、ストでTGVなど9割運休(12/05)

墺政府、EUにグリホサート使用禁止を通知(12/04)

【欧州企業よもやま話】第294回:ボン・マルシェ 百貨店の原点ここにあり(12/04)

米国、仏製品に報復関税も 米企業標的のデジタル税に対抗(12/04)

サノフィ、米バクスターに癒着防止剤を売却(12/04)

ヴァージン航空、一部株式の売却計画を撤回(12/04)

仏新車登録台数、11月は0.7%増加(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン