• 印刷する

投資プロサス、ジャスト・イートに対抗買収

南アフリカのインターネットサービス・娯楽大手ナスパーズ(Naspers)傘下の蘭投資会社プロサス(Prosus)は22日、テイクアウト注文サイト欧州最大手の英ジャスト・イート(Just Eat)に買収案を提示した。ジャスト・イートは7月にオランダ同業テイクアウェー・ドットコム(Takeaway.com)と経営統合を決めており、プロサスはこれに横やりを入れた格好。

プロサスはジャスト・イート株1株につき710ペンスを現金で支払う。これはジャスト・イート株の21日終値に20%のプレミアムを上乗せした水準。これに対してテイクアウェー・ドットコムとの条件は、ジャスト・イート株1株当たりテイクアウェー・ドットコムの0.09744株を割り当てるもの。取引の発表時点では1株につき731ペンス相当だったが、テイクアウェー・ドットコムの株価が下落しているため、21日終値で594ペンス相当まで低下している。

プロサスはジャスト・イートに買収を打診していたが拒否されたため、買収額を引き上げた上で今回の発表に踏み切った。買収すればジャスト・イート独自の配達事業を拡大するため、大幅な投資を行うと説明している。ジャスト・イートは、当初は自社で配達を手掛けていなかったが、米配車大手ウーバーによる「ウーバーイーツ(UberEats)」や英デリバルー(Deliveroo)に対抗するため配達事業にも手を広げている。

対抗買収案に対してジャスト・イートは、プロサスの当初の提案は1株当たり670~700ペンスと同社の価値を低く見積もっていたため、既に買収案を拒否したと説明。テイクアウェー・ドットコムとの合併を進めることに変わりはないとしている。


関連国・地域: 英国オランダアフリカ
関連業種: 金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

「通商合意なき離脱」回避を 英自動車協会、英・EUに要請(11/25)

【欧州企業よもやま話】第319回:ジョセフジョセフ さりげない「キッチン革命」(11/25)

ロシア、対ベトナム輸出が増加=石炭は低迷(11/25)

イングランド、入国者の隔離期間短縮へ(11/25)

英政府、華為排除で新たな通信法案を提出(11/25)

シネワールド、7.5億ドルの資金確保(11/25)

ディアジオ、持続可能な10カ年計画を発表(11/25)

給食コンパス・グループ、通期は75.9%減益(11/25)

英オクトパス・エナジー、ドイツに本格進出(11/25)

イネオス、韓国・現代自と水素事業で提携(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン