• 印刷する

投資プロサス、ジャスト・イートに対抗買収

南アフリカのインターネットサービス・娯楽大手ナスパーズ(Naspers)傘下の蘭投資会社プロサス(Prosus)は22日、テイクアウト注文サイト欧州最大手の英ジャスト・イート(Just Eat)に買収案を提示した。ジャスト・イートは7月にオランダ同業テイクアウェー・ドットコム(Takeaway.com)と経営統合を決めており、プロサスはこれに横やりを入れた格好。

プロサスはジャスト・イート株1株につき710ペンスを現金で支払う。これはジャスト・イート株の21日終値に20%のプレミアムを上乗せした水準。これに対してテイクアウェー・ドットコムとの条件は、ジャスト・イート株1株当たりテイクアウェー・ドットコムの0.09744株を割り当てるもの。取引の発表時点では1株につき731ペンス相当だったが、テイクアウェー・ドットコムの株価が下落しているため、21日終値で594ペンス相当まで低下している。

プロサスはジャスト・イートに買収を打診していたが拒否されたため、買収額を引き上げた上で今回の発表に踏み切った。買収すればジャスト・イート独自の配達事業を拡大するため、大幅な投資を行うと説明している。ジャスト・イートは、当初は自社で配達を手掛けていなかったが、米配車大手ウーバーによる「ウーバーイーツ(UberEats)」や英デリバルー(Deliveroo)に対抗するため配達事業にも手を広げている。

対抗買収案に対してジャスト・イートは、プロサスの当初の提案は1株当たり670~700ペンスと同社の価値を低く見積もっていたため、既に買収案を拒否したと説明。テイクアウェー・ドットコムとの合併を進めることに変わりはないとしている。


関連国・地域: 英国オランダアフリカ
関連業種: 金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

温室効果ガスの新たな削減目標 英国、35年までに78%削減へ(04/22)

インフレ率、3月は0.7%に加速(04/22)

スーパーリーグ構想、英6クラブも辞退(04/22)

韓国、アストラゼネカ製ワクチンの接種再開(04/22)

香港・南豊集団、ロンドンに起業支援施設(04/22)

エリザベス女王、95歳の誕生日迎える(04/22)

CVC、東芝買収の検討中断 非公開化巡り「ガイダンス待つ」(04/21)

英国、インドを渡航禁止リストに追加(04/21)

市場調査カンター、米競合買収で合意(04/21)

食品ABフーズ、上半期は50%減益(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン