資源BHP、チリ銅山で再生可能エネ導入へ

英豪資本の資源大手BHPビリトンは21日、2020年代半ばまでにチリ北部で運営するエスコンディダ銅山とスペンス銅山の動力を全て再生可能エネルギーで賄う方針を明らかにした。低炭素化を促進する狙い。 BHPはこの計画に先立ち、伊電力大手エネルのチリ子会社および地場の公益…

関連国・地域: 英国アジア中南米
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

保守党、移民数削減を公約 具体的目標や手法示さず(11/15)

ノルウェー政府基金、英G4Sの株式売却(11/15)

小売売上高、10月は0.1%減少(11/15)

ナショナル・グリッド、上半期は23%減益(11/15)

バーバリー、上半期は11%増益(11/15)

ロイヤル・メール、高裁がスト計画差し止め(11/15)

BHP、豪石油ガス資産の売却を検討か(11/15)

MaaSグローバル、BPなどが出資(11/14)

労働党、NHS予算拡大も 保守党上回る公約掲げる(11/14)

インフレ率、10月は1.5%に減速(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン