アルケマ、中国工場でフッ素樹脂の生産拡大

仏化学大手アルケマは15日、中国江蘇省常熟市の工場でフッ素樹脂の生産能力を約50%拡大すると発表した。電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池(LIB)の需要増加を受けたもので、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)分野で業界をけん引する狙い。 生産能力の増強は来年中に…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

仏中銀、第4四半期GDP成長率は0.2%(11/14)

アルストム、越地下鉄の車両完成(11/14)

中国、ユーロ国債の発行を仏で16年ぶり再開(11/14)

仏などの次期欧州委員候補、第一関門を通過(11/14)

仏ルノー、使用済みEV電池を遊覧船に利用(11/14)

ブリトビック、リフレスコに仏工場売却へ(11/13)

ADNOC、BP・トタルとLNG供給契約(11/13)

仏裁判所、グリホサート禁止措置を追認(11/13)

ロクシタン、4~9月は香港で0.2%減収(11/13)

仏南東部で地震、2カ所の原発に異常なし(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン