IMF、炭素税の大幅引き上げを呼び掛け

国際通貨基金(IMF)は報告書「財政モニター」の中で、地球温暖化に対処するため、各国が協力して2030年までに炭素税を二酸化炭素(CO2)排出量1トン当たり75ドルまで引き上げるよう呼び掛けた。課税により化石燃料コストを引き上げることで、クリーンエネルギーへの転換が…

関連国・地域: EU
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

保守党、移民数削減を公約 具体的目標や手法示さず(11/15)

<連載コラム・欧州M&A最前線>10月 NIGEL’S INSIGHT(11/15)

自動車部品業者、米関税引き上げで大打撃も(11/15)

ドイツ銀、仏BNPへの事業移管で承認獲得(11/15)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 独はプラスに復帰=第3四半期(11/15)

EU、「欧州らしい生活の保護」の名称変更(11/15)

EUと台湾、5G以降の次世代通信で協力(11/15)

<連載コラム・欧州M&A最前線>2019年10月の動き(11/15)

【ウイークリー統計】第50回 有機農場の割合と水産物の養殖(11/14)

ハンガリー、EU助成金巡る制裁受け入れ(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン