• 印刷する

自動車ルノー、ボロレCEOを解任

仏自動車大手ルノーは11日に開催した取締役会で、ティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)を即日解任することを決定した。カルロス・ゴーン前CEOとのつながりが深いボロレ氏を交代させることで、連合を組む日産自動車との緊張関係を打破する狙いとみられる。後任が決まるまで、クロチルド・デルボス最高財務責任者(CFO)が暫定CEOを務める。

ルノーはこのほか、デルボス氏の補佐として販売責任者のオリビエ・ミュゲ氏と製造・サプライチェーンを統括するホセビセンテ・ロス・モソス氏を副CEOに指名。今回の解任を主導したジャンドミニク・スナール会長は、現職にとどまる。

ボロレ氏は、日産の前会長でルノーの会長兼CEOも務めたカルロス・ゴーン被告に近いとされていた。ボロレ氏に対する日産の信頼は低く、今回の動きは、こうした日産との信頼関係の回復に向けた措置とみられる。日産も10日、内田誠専務執行役員が新たな社長兼CEOに就任すると発表。同氏はルノーと密接なつながりを有し、ゴーン氏を巡る不正疑惑後の新たな道を開きたい考えだ。

なお、ボロレ氏の解任については、ルノーの株式15%を保有する仏政府も支持を表明している。[労務][日本企業の動向]


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エミレーツ航空、エアバスに50機を発注(11/19)

エア・リキード、中国社とFC開発で提携(11/19)

グループセブ、マで来年20%増収の見通し(11/19)

仏ペルノの営業員、社内の飲酒圧力を告発(11/19)

「黄色いベスト」が1周年、パリで再び激化(11/19)

失業率、第3四半期は8.3%に上昇(11/18)

仏米CFM、カタール航空からエンジン受注(11/18)

次期欧州委員会、12月発足も ハンガリー除く委員候補を承認(11/18)

ルノー、100%リサイクル生地を開発(11/18)

中国・大興空港、パリ空港と友好関係に(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン