EDF、フラマンビル原発建設費用引き上げ

フランス電力(EDF)は9日、運転開始が遅れている北西部フラマンビル(Flamanville)の次世代原子力発電所について、運転開始時期の延期と追加建設費の予想額を発表した。延期後の運転開始は2022年末となり、総建設コストは15億ユーロ増えて124億ユーロまで膨らむ見込み。 原…

関連国・地域: フランス
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

アルストム、加ボンバルディアと事業統合も(01/23)

エアバス、仏南西部でも「A321」生産へ(01/23)

独仏政府、途上国の気候変動対策支援に参画(01/23)

製造業景況感、1月は改善(01/23)

与党と国民連合、英離脱で欧州議員が同数に(01/23)

電力EWE、アルディアンが5億ユーロ出資(01/23)

仏反年金改革スト、パリで数千世帯が停電(01/23)

米仏大統領、デジタル課税巡る争いで休戦(01/22)

エールフランス、マレーシア航空出資に関心(01/22)

エアバス、旅客収入リスク回避の取引所創設(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン