ポーランド与党、愛国主義で基盤強化狙う

ポーランドの与党・法と正義(PiS)は、10月13日に行われる議会選挙に向け、ナショナリスト色を前面に押し出し、リベラル的価値観の排除を訴えている。経済的な不満を抱える層に訴求することで議席数を拡大し、権力基盤を強化する狙いだ。ロイター通信が7日伝えた。 同党は今…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EMP、EV工場建設に50億ズロチ調達模索(02/24)

LSI、サウジ向け映画館システムを受注(02/24)

ポーランド鉱工業生産、1月は1.1%増加(02/24)

LOTのコンドル航空買収、独当局が承認(02/24)

ポーランド平均賃金、1月は7.1%上昇(02/24)

ポーランド小売売上高、1月は3.4%増加(02/24)

住宅コルディア、ポーランド同業にTOB(02/21)

コメルツ銀、エムバンク売却を棚上げも(02/20)

VW、電力PGEとEV充電網拡大で提携(02/19)

ポーランド下院、赤字ゼロの予算案を承認(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン