温暖化対策、BHPとリオの取り組み高評価

英豪資本の資源大手BHPと競合リオ・ティントなどが、資産運用機関が主導する気候変動問題解決イニシアチブ「クライメイト・アクション100+」から、二酸化炭素(CO2)排出ゼロに向けた取り組みについて、高評価を受けたことが分かった。同イニシアチブは、CO2排出が多い世…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

保守党、移民数削減を公約 具体的目標や手法示さず(11/15)

ノルウェー政府基金、英G4Sの株式売却(11/15)

小売売上高、10月は0.1%減少(11/15)

ナショナル・グリッド、上半期は23%減益(11/15)

バーバリー、上半期は11%増益(11/15)

ロイヤル・メール、高裁がスト計画差し止め(11/15)

BHP、豪石油ガス資産の売却を検討か(11/15)

MaaSグローバル、BPなどが出資(11/14)

労働党、NHS予算拡大も 保守党上回る公約掲げる(11/14)

インフレ率、10月は1.5%に減速(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン