独仏政府、データーセンター設置に共同出資

ドイツとフランスの両政府は、公的資金を注入して、欧州連合(EU)域内にデータセンターを設置する考えだ。域外のデーターセンターへの依存を軽減するとともに、域内での人工知能(AI)開発を推進する狙いがある。ロイター通信が伝えた。 ルメール仏経済・財務相によると、今…

関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱協定案の採決見送り 英下院、修正動議を僅差で可決(10/21)

【今週の主な予定】10月21~25日(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

中国東方航空、英仏蘭4社と中―欧共同事業(10/21)

最も美しい都市ランキング、パリが首位(10/21)

蘭2大年金基金、来年は支給額引き下げも(10/18)

英国とEU、離脱条件で合意 英議会の通過が再び焦点に(10/18)

チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲(10/18)

クリーン燃料の商業化、鍵握るEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第36回(10/18)

大気汚染による早死に、欧州で年間41万人超(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン